神石高原町の造園業者を賃金不払いで書類送検、ベトナム人実習生が山中で孤立状態

ベトナム人技能実習生を含む社員への賃金不払いがあったとして、福山労働基準監督署は9月1日、神石高原町安田、造園業サンエイサポートと代表取締役男性(68)と取締役男性(48)を労働基準法違反(賃金不払い)の疑いで書類送検した。

書類送検容疑は、代表取締役男性は実習生従業員たち7人に対し、16年11月16日から17年3人15日までの間に計148万3818円を、取締役男性は従業員3人に対し、16年9月16日から16年10月15日までの間に計58万5500円を、それぞれの所定期日までに支払わなかった疑い。

同署によると、同社は16年7月ごろから経営が悪化。17年3月末から事業活動が停止している状態だという。

サンエイサポートでは一時、20〜30代のベトナム人実習生3人が山中の家で食事の確保も難しい劣悪な環境に置かれていた。「日本でこんな生活を送るなんて・・・」。1月、実習生男性が肩を落とした。16年8月に同社で実習を始め、庭の草刈りなどを任された。だか給料は11月から払われなくなり、日本人従業員も続々と退職。1月からは仕事がない日も多かったという。

同社が用意した福山市北部の家は狭く、荷物や布団で埋まる。山中で近くに店はなく、車がないので買い物もにも行けない。

近隣住民や受け入れ共同組合の差し入れで暮らす日々が続いた。3月末に別の建設会社に移り、未納分の給料は共同組合が立て替えた。(中国)



ハイ!これが日本国広島県デス!!


神石高原町ベトナム人技能実習生

関連記事

Comment

No title
編集
薬局で窃盗ばかりしてるベトナム人にかける情けなんてものはない
技術習得?労使ともに本気でそう思うやつはいない。
出稼ぎ労働したいだけの外人と奴隷が欲しい事業者、この利害の一致のみ。
2017年09月05日(Tue) 19:56
No title
編集
技術を習得しようと、母国を離れ頑張っている人を
粗末に扱うことが多いな、広島は。
メンタリティが某半島にそっくり。
非常に恥ずかしいことだ。
2017年09月04日(Mon) 15:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告