島根女子大生バラバラ殺人事件(2009年)

2009年11月6日、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で島根県浜田市の同県立大1年、平岡都さん(当時19)の遺体が見つかった事件。

11月7日未明、島根県警が記者会見し、広島県警がDNA型鑑定をした結果、10月26日から行方不明になっていた19歳女子大学生と確認されたと発表。11月7日に頭部を司法解剖した結果、死後1~2週間経過していたことが判明。顔面は殴打痕があり内出血していたのが分かった。同日、広島、島根両県警合同捜査本部は、残りの遺体発見や容疑者特定をすべく本格的に捜査を始めた。

11月6日の頭部発見以降、7日に左大腿骨の一部、8日に両手足のない胴体部分、9日に左足首、19日に爪が発見され、その後のDNA型鑑定の結果、19歳女子大学生の遺体と確認された。

警察庁は容疑者逮捕につながる有力情報の提供者に最高で300万円の公的懸賞金を前倒しで出すことを決めた。
懸賞金は通例、事件発生から半年以上経過した未解決の重大事件が対象で、前倒しの適用は異例。警察庁は、事件が極めて重大で住民の不安も強いことから早期解決のため前倒しを決めたようだ。

公的懸賞金制度の適用対象に決まったことを受け、島根県警の雪野博刑事部長は記者会見で「2カ月前倒しした成果を出したい」と力を込めた。過去に半年未満で適用されたのは、平成20年3月に山口県下関市で起きた男性殺人と、市橋達也被告(31)が逮捕された千葉県の英国人女性殺害の2事件だけという。

そもそも臥龍山というところへは地元住民でさえ、めったに行かないと聞く。このエリアで馴染みのある山とすれば深入山だろう。犯人は恐らく犯行以前に一度、臥龍山に足を踏み入れている。


【寮の周辺に不審な男】
平岡さんが住んでいた女子寮(浜田市原井町)付近で10月下旬の夜、車に乗った不審な男が女子学生に声をかけていたことが分かった。大学周辺では今春から、声掛け事案が相次ぎ、目撃された不審な車の中には、島根ナンバーや広島県ナンバーの車もあった。平岡さんの遺体は車で運ばれ遺棄された可能性が高く、県警もこうした事案を把握し、不審車両の割り出しを進めている。

島根県立大2年生の女子学生(19)は、平岡さんが行方不明になる約1週間前の10月20日午後10時半ごろ、女子寮近くで黒い乗用車に乗った男に「県立大どこ?」と尋ねられた。道順を教えると「それはいいけん乗らん?」と持ちかけてきたという。この学生は「帰りが遅くなることも多いので怖い」と不安そうに話した。また、10月上旬には、女子寮近くに住む県立大1年の男子学生(19)が、寮に近くで車内に人が乗った不審な黒い車が止まっているのを目撃したという。

県立大などによると、大学や女子寮の近くで車に乗った若い男が女子学生に声をかける事案が4月から7月ごろまで十数件起きたため、7月上旬から「キャンパス見回り隊」を組織し、大学教職員らが夜間に女子寮周辺を見回り、浜田署も巡回し警戒にあたった。

見回り隊に参加した教員によると、これまでに目撃された不審車両のナンバーを事務職員が控えたメモには広島など県外のナンバーも含まれていたという。大学や県警によると、8月以降は不審者の情報はほとんど寄せられなくなっていたとしている。県警は不審車両のナンバーから所有者を割り出し、事情を聴くなどの捜査をしている。(2009年11月7日朝日)


【帰路の目撃情報なし】
平岡さんが最後に確認された10月26日夜、アルバイト先の島根県浜田市のショッピングセンターを出てから寮までの帰り道で、同じころ歩いていた複数の県立大生らに目撃されていないことがわかった。平岡さんは10月26日午後9時15分ごろ、アルバイト先の浜田市内のショッピングセンターを出た後、南東に約2.6キロ離れた大学の女子学生寮に徒歩で向かったとみられるが、それから行方がわからなくなった。

平岡さんがふだん通っていたとみられる道は、住宅や店が並ぶ市街地を抜けてから山の中に入る。徒歩で30分以上かかる道のりだ。県警は、同じ時間帯にショッピングセンターでアルバイトを終え、平岡さんと同様に県立大学方面の自宅に帰る学生ら数人から事情を聴いたが、平岡さんを見かけた人はいなかったという。

また、平岡さんの帰宅ルートの道沿いにあるコンビニエンスストアなど複数の店舗の防犯カメラを調べたところ、いずれも平岡さんの姿は映っていなかったという。ただ、防犯カメラには店舗前の道路全体は映らない。また、センターを出てどこかに立ち寄り、すぐに帰宅しなかった可能性も残されている。(2009年11月8日朝日)




臥龍山



臥龍山



臥龍山





島根バラバラ1



島根バラバラ2



島根女子大生





島根バラバラ12



島根バラバラ14





島根バラバラ6



島根バラバラ13



島根バラバラ3





島根バラバラ11



島根バラバラ7



島根バラバラ8



平岡都



女子大学生が行方不明になった2009年10月26日からの経緯。

             ↓

2009年10月26日勤務が終了し浜田市港町にあるアルバイト先から退店。
(勤務先のSCの防犯カメラにその姿が映っていた)
2009年10月27日母親がメールを送信しても返信がなく、携帯電話に電話してもつながらず。
2009年10月28日香川県坂出市の母親が「娘と26日以降連絡が取れない」と、島根県警浜田署に捜索願を出す。
2009年11月2日浜田署が事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとして公開捜査に踏み切る。写真を公開し、情報提供を呼び掛ける。
2009年11月6日広島県北広島町、臥龍山山頂付近、道路の終点にある車両転回場の約10mがけ下で、キノコ狩りをしていた男性が女性の頭部を見つけ110番通報。
2009年11月7日島根県警が頭部は行方不明になっていた19歳大学生と確認されたと発表。広島県警が行ったDNA型鑑定で断定。広島、島根両県警は死体損壊・遺棄事件として浜田署に合同捜査本部を設置。臥龍山の林道入り口から約1.2km地点の右側の雑木林で大腿骨の一部を発見。 頭部の司法解剖の結果、死後1~2週間経過していたことが判明。死因は不明。
2009年11月8日頭部発見現場近くの林の中で両手足のない胴体部分を発見。  臥竜山林道終点付近の山中で女性用とみられる衣類を発見。発見された衣類を家族が確認し、女子大学生のものではないことが判明。
2009年11月9日発見された女性の胴体部分と大腿骨の一部をDNA型鑑定した結果、19歳女子大学生の遺体と確認、女子大学生のものとみられる左足首を発見
2009年11月10日9日に発見された左足首をDNA型鑑定の結果、19歳女子大学生の遺体の一部と確認。
2009年11月13日島根、広島両県警合同捜査本部が、近畿、中国両管区機動隊の応援を得て、現場周辺の大規模捜索開始(応援を合わせ計約390人態勢)。
2009年11月19日登山道入り口から約300メートル上った林道の左脇にあった動物の糞から、人の爪のような小さい破片、肉片、骨片を発見。島根、広島両県警合同捜査本部が、臥竜山山中の大規模捜索を打ち切り。
2009年11月20日19日に発見された爪1枚(幅15mm、長さ19mm)をDNA型鑑定した結果、19歳女子大学生のものと確認。
2009年11月23日島根、広島両県警合同捜査本部が、近畿、中部両管区機動隊の応援を得て、臥龍山山中の大規模捜索を再開(応援を合わせ計約270人態勢)。
2009年11月24日19日に発見された爪の破片をDNA型鑑定の結果、19歳女子大学生のものと確認。
2009年11月27日島根、広島両県警合同捜査本部が、臥龍山山中の捜索終了。
2009年11月29日翌日靴が発見されたあたりで四駆タイプの車が停車していた。付近住民が目撃。
2009年11月30日学生寮から直線で約300m、(10月末捜索済みの)場所で女性用の黒いスニーカー(左足用)を発見。
2009年12月12日島根、広島両県警合同捜査本部が、残る遺体の部分や遺留品の捜索を打ち切り。
2009年12月14日島根、広島両県警合同捜査本部が、見つかった靴を女子大学生のものと、ほぼ断定。
2010年2月24日島根、広島両県警合同捜査本部は、発見された靴のDNA鑑定の結果、女子大学生のものと特定できなかったと発表。
2010年2月26日警察庁は、本件を公費懸賞金支払対象に指定。事件解決に結び付く有力情報に最高300万円、応募期間は1年間。
 (産経新聞、時事通信)

犯人独白は本物?

関連記事

Comment

No title
編集
そんな事、素人が意見する前にとっくに調査済みだと思いますが。
2015年10月10日(Sat) 01:57
残虐事件について
編集
この事件は、非常に悪質で残虐性が非常に高いバラバラ殺人事件ですよね?
ゆめタウン浜田店から学生寮までの道程は、市街地から人気が少なく寂しい山道を通るルートですよね? 所轄は、ゆめタウン浜田店周辺の聞き込みを徹底的に実施されたのかな…?
大都会と違って人口の少ない田舎町で発生してる事件なのだから他県ナンバー等が目撃されてるのだから、その目撃者から詳しい情報を入手すべきだ。
車種は解らなくても大きさ・形状・色(白なら夜間でも判別可能)は、わかるハズだ。男子学生が目撃してる不審な車が居た場所のタイヤ痕を鑑識が採取すれば、重要な手掛かりが掴めるのでは…?
1日も早く容疑者を特定し捕らえる事を祈ってます。
2015年04月16日(Thu) 10:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL