ポプラ五日市中央店に強盗、13万円奪って逃走

8月29日朝早く、広島市佐伯区のコンビニエンスストアに包丁のようなものを持った男が押し入り、現金およそ13万円を奪って逃げた。29日朝4時すぎ、広島市佐伯区五日市中央にあるコンビニエンスストア「ポプラ五日市中央店」に包丁のようなものを持った男が押し入り、20代の男性店員に「金を出せ。この袋に入れろ」などと脅し、持っていた袋にレジにあった現金およそ13万円を入れさせ、北の方向に逃げたという。店員にけがはなく、当時、店内に客もいなかった。

警察によると、男は年齢が40歳から50歳ぐらい、身長が1メートル70センチから1メートル75センチぐらい、長袖の紺色のTシャツに黒のベストとズボンを身につけ、顔を黒い布で覆っていたという。

現場はJR山陽線の五日市駅から北西におよそ1.3キロの住宅街。警察は強盗事件として、店の防犯カメラの映像を確認するなど男の行方を捜査している。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告