内縁の妻の子供をげんこつで殴る広島の男

内縁の妻の3人の子どもを殴って顔にけがをさせたなどとして、同居している無職の52歳の男が警察に逮捕された。逮捕されたのは、広島市西区の無職・舩田和也容疑者。舩田容疑者は1月11日午後8時頃、自宅で小学6年生、小学2年生、それに保育園児の3人の男の子の顔をげんこつで殴るなどしておよそ2週間のけがをさせた疑いがもたれている。3人の男の子は内縁の妻の子どもで一緒に暮らしていたという。取り調べに対し、舩田容疑者は「子どもが言うことを聞かないから」と供述し、容疑を認めている。通報を受けた児童相談所が顔にあざがあったことなどから、先月13日に一時保護をし、26日に警察に告発していた。(RCC)

関連記事

Comment

編集
一概に言えないけど連れ子は男にとっては他人の子。ライオンではないがメスの子供がは邪魔な存在。
2013年06月28日(Fri) 15:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL