広島土砂災害から3年「なぜそこに住んだ?」

77人が亡くなった広島土砂災害から8月20日で3年を迎えた。現地では砂防ダムの建設など復興が進む一方、住宅の再建をあきらめる人も多くいるという。特に犠牲者が出た安佐南区八木3丁目など10地域の人口は、災害後の約3年間で計274世帯、1067人減った。

そこで、どうしても疑問なことがある。なぜこの地域に住んだのだろうか。被災者の人たちにどうこう言うつもりはないし、誰がどこに住もうが勝手な話だし自由だ。ただ、自分ならこの地域に住むという選択は昔から無いのだ。その理由を簡単に説明したい。


1.斜面には住まない

この世に生まれて以来、斜面に住んだことがない。斜面は高台に位置していることが多いから眺望が良いため、好んで住む人がいると思う。また、土地価格が平坦地に比べて安いのも理由だろう。しかし、個人的には、敷地の前面道路が傾斜しているような土地には住みたくない。まず、自宅まで坂を上らなけらばならないのが嫌だ。また、敷地と前面道路がフラットの方が車の出し入れも楽だ。それに傾斜していると平衡感覚がおかしくなりそうだ。眺望については持論がある。人は自宅に居るとき、外を眺めている時間というのは、そんなに多くないものだから、あまり重要だとは思わない。

2.山林の近くには住まない

人によっては木々などの緑を好む人が居ると思うが、家の近くに山林があると、蚊やぶと、ムカデなどの虫が家の中に入ってくる。特に夜は部屋の明かりでたくさんの害虫が押し寄せて来るから、このような場所には住まない。

3.道が狭い所には住まない

被災した地域のほとんどは、道が狭く、くねったりしている。前面道路が狭いと車の出し入れが難しいし、通勤時にも神経を使う。さらに引っ越しの時にも苦労する。前面道路の幅員は幹線道路に至るまで、すべて最低でも4メートルはほしい。さらに道路横に小川があちこちにあるが、ガードレールがほとんどない。このような場所で車を走らせると危ないどころか、夜間は死との綱渡りだ。


以上の事から、元々、この地域に住む理由がないし、親の代からもない。



広島土砂災害から3年目

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告