広島県立竹原高校教諭を覚せい剤使用で逮捕

8月19日、広島県警福山東署は、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、広島県立竹原高校教諭の飯田一明容疑者(45)=同県福山市=を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。逮捕容疑は8月中旬から18日までの間、大阪府内や広島県内などで覚醒剤を使った疑い。

福山東署によると、福山市吉津町の交番に18日夜、付近の住民が「酒に酔った人がいる」と足元がふらついた状態の飯田容疑者を連れてきた。注射器や覚醒剤が入っていたとみられる袋を持っており、同署に任意同行し、尿検査で陽性反応が出たため逮捕した。(共同)



広島県立竹原高校 飯田一明

飯田一明(45)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告