広島市民病院で警備員が男に包丁で切り付けられる

広島中央署は8月12日午後11時35分ごろ、広島市中区小網町、無職青中芳則容疑者(68)を暴力行為法違反の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、同区の市民病院の夜間窓口で男性警備員(63)の腹部などを、持っていた包丁で切り付けて1週間のけがをさせた疑い。同署によると、「何をしたか覚えていない」と供述しているという。被害男性を含む3人の警備員が取り押さえた。青中容疑者は酒を飲んで酔っていたという。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告