恐羅漢山で80代の高齢者が滑落重傷

8月12日昼ごろ、安芸太田町にある恐羅漢山の中腹で高齢の男性が滑落し、足の骨を折る重傷を負い、ヘリコプターで救助された。12日午後0時過ぎ、安芸太田町にある恐羅漢山で登山客から「山頂付近で高齢の男性が滑落した」と119番通報があった。広島市消防局がヘリコプターや消防車で付近を捜索し、落ちた谷から男性を救助しようとしたが谷が深く途中で霧も出たため作業は難航。およそ3時間後にヘリコプターに救助された。救助された男性は80代で意識はあるものの足の骨を折る重傷だという。現場は恐羅漢スノーパークの北側の山林で、知人と登山に来ていたとみられ、警察は事故の原因を調べている。(TSS)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告