慰霊碑文に百田氏言及~広島講演会

作家の百田尚樹氏の講演会が2017年8月6日、広島市中区のホテルであった。日本会議広島が主催し、約1500人が参加した。百田氏は平和記念公園(広島市中区)の原爆慰霊碑の碑文について「いい言葉と思うなら、自虐史観に染まっている」と主張した。百田氏は、広島への原爆投下について「許すまじ、とてつもない戦争犯罪」と指摘。その上で、原爆慰霊碑の碑文「過ちは繰返しませぬから」について言及した。「謝らないとあかんのは米国だろうと思うなら、自虐史観から脱却した人だ」とした。中国による日本への武力攻撃が「いつ来るか分からない」とし、憲法改正によって「自衛隊を国防軍にすべきだ」と訴えた。(中国)


【合わせて読みたい記事】

広島原爆死没者慰霊碑の碑文の過ち・被爆70年記念シリーズ第10弾

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告