【広島市職員3人処分】同僚の財布から現金泥棒、職場のパソコンで仕事と関係ないサイト閲覧、勤務時間中に居眠り

広島市の25歳の女性職員が勤務先で同僚2人の財布から繰り返し現金を盗んだとして、市は8月2日付けでこの職員を停職6カ月の懲戒処分にした。懲戒処分を受けたのは広島市こども未来局の25歳の女性職員。市によると、この職員は16年11月から17年6月までの間、職場で同僚の2人の財布から、あわせて7回、額にして7万2000円を盗んだという。盗まれた被害者2人が上司に相談し職場で情報共有が図られたあと、本人が名乗り出て発覚した。調査に対し、女性職員は「身勝手な行為で被害者や職場に迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない」と話しているという。市では、公務員への信頼を失墜させたなどとして停職6カ月の懲戒処分にし、この職員は2日付けで依願退職した。

また、環境局の43歳の男性職員は、一昨年11月から今年6月までの間、職場の業務用のパソコンで仕事と関係のないサイトをあわせて418時間閲覧していたなどとして、停職6カ月の懲戒処分となった。

そして、下水道局の58歳の男性職員は今年5月以降、ほぼ毎日、勤務時間中に居眠りを繰り返したとして減給10分の1.1カ月の懲戒処分を受けた。

処分はいずれも2日付けで、広島市人事課は「公務員としてあるまじき行為であり、市民の信頼を裏切り誠に申し訳ない。服務指導を行い、再発防止に取り組む」としている。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告