照明灯が倒れ乗用車に衝突

8月1日午後2時50分ごろ、広島市南区出島2丁目の市道沿いにある鉄製の照明灯が倒れたと、広島南署から照明灯を管理する市に連絡があった。走行中の乗用車と駐車中の乗用車に衝突したが、けが人はなかった。照明灯は地中約15センチの部分が腐食して折れていた。市は2日から、管理する鉄製の照明灯の緊急点検をする。

照明灯は高さ約7メートル、設置時期は不明。経年劣化が原因とみられるという。市は昨年2月に10年に一度の定期点検を実施。根元などにサビがあったため、「経過観察」としていた。だか、確認したのは地表部分と地中約5センチまでだった。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告