広大はエリートなんじゃけえ!?足払い&つば吐き教授を懲戒処分

広島大学の50代の教授が指導していた男子学生に対し、足を払って転倒させてけがを負わせたり、繰り返し暴言を浴びせていたとして、大学はこの教授を7月28日付けで停職6カ月の懲戒処分にした。懲戒処分を受けたのは広島大学の50代の男性教授。大学によると、この男性教授は17年3月、自らの研究室に所属する男子学生と口論になった際に、学生の足を払って転倒させたうえに、顔につばを吐いたという。学生は、転倒した際に全治3週間程度のけがを負ったという。

また、男性教授は研究室の集まりの際に同じ学生に対し「バカ!」や「出て行け!」と繰り返し暴言を浴びせていたという。学生が大学に相談したことから問題が発覚し、大学側の聞き取りに対し、男性教授は事実関係を認め、「厳しく指導すると頑張ってくれると思っていた」と説明しているという。

広島大学の越智光夫学長は「誠に遺憾で、深くおわび申し上げます。教職員への一層の意識啓発を図り、再発防止に努めます」とコメントしている。(NHK広島)


【合わせて読みたい記事】

愛をもって送る「広島ぎらい」週刊ポスト




広島大学

関連記事

Comment

No title
編集
広大はいつからエリートになったんだろうか?・・・?
2017年07月29日(Sat) 19:43
No title
編集
なに、この恥ずかしいヒト…。

ほんまこんなんばっかやな。
2017年07月29日(Sat) 14:42












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告