三次で蛇行運転の軽自動車と普通車が衝突

三次市の国道で車同士の衝突事故があり、63歳の男性が意識不明の重体。 27日午後8時すぎ、三次市東酒屋町の国道375号で軽自動車と普通車が衝突した。軽自動車の男性(63)が胸を強く打ち病院に搬送された後、意識がなくなったという。普通車の男性(48)は胸を打つ軽傷。警察によると現場は見通しの良い片側一車線の直線道路で事故の目撃者は「軽自動車が蛇行運転していてセンターラインを越えた」と話しているという。警察によると男性は胸に持病をかかえていたということで病気が事故に関係していないかも含めて詳しい経緯などを調べている。(HOME)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告