広島県警の警察官が愛媛で人身事故

7月21日午後、愛媛県で休暇中の広島県警の警察官が運転していた大型オートバイと歩行中の男性が衝突し、男性が意識不明の重体となり、警察官が大ケガをした。21日午後3時半ごろ、愛媛県内子町の道路で広島東警察署の20歳の男性巡査が運転する大型オートバイと、歩いていた男性が衝突した。この事故で、はねられた近くに住む土木作業員(54)の男性が意識不明の重体となり、男性巡査も頭と腰の骨を折るなど大ケガをした。現場は片側1車線の緩やかな左カーブで警察が原因を調べている。大型オートバイを運転していた男性巡査は休暇で愛媛を訪れていたという。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告