70歳が運転するマイクロバスにはねられて死亡した80歳

7月22日午前、福山市内で自転車に乗っていた高齢男性がレジャー施設の送迎用マイクロバスにはねられ死亡した。22日午前7時過ぎ、福山市水呑町の県道、福山・沼隈線の交差点で、自転車に乗って横断中の無職・小幡三郎さん(80)が、檀上忠昭さん(70)運転のマイクロバスにはねられた。この事故で小幡さんは、頭を強く打っていて間もなく死亡した。マイクロバスは沼隈町のレジャー施設から福山駅に客を迎えに行く途中で乗客は乗っていなかった。また小幡さんは、近くの畑から帰宅中だった。警察が事故の原因を詳しくしらべている。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告