北広島スキー事故 シロウトスノーボーダーに200万円賠償金支払い!

16年2月、北広島町で女子児童がスキー教室の授業中に男性と衝突し、児童が死亡、男性が重傷となった事故で、北広島町は男性の賠償請求に対し、200万円の仮払い金を支払うことを決定した。この事故は16年2月、北広島町で女子児童がスキー教室の授業中に男性と衝突し、児童が死亡、男性が重傷となったもの。

北広島町教育委員会によると、治療中の男性側から今年4月、北広島町と女子児童の両親に対し損害賠償を求める調停が、広島簡易裁判所に申し立てられた。これを受け町は、賠償額が確定するまでの間、仮払金として200万円を男性に支払うことを決定した。

事故を巡っては、第3者委員会が去年11月にまとめた報告書で、女子児童のスピードの出し過ぎと、男性の安全確認が不足していたことが事故の要因とした上で、学校の安全対策の不備を指摘している。(TSS)


「芸北国際スキー場」でスノボが衝突し小学6年女児死亡

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告