広島IC近くで中央分離帯の枯れ草が燃える

7月19日午後、広島市の山陽自動車道で中央分離帯の枯れ草が燃える火事があり、山陽自動車道では現場付近で一時車線規制が行われた。ネクスコ西日本や警察などによると、19日午後4時前、広島市安佐南区の山陽自動車道の広島インターチェンジの近くで、中央分離帯の枯れ草から火が出ていると通報があった。消防車6台が出動して消火にあたり、火はおよそ1時間後に消し止められたが、消防によると、枯れ草が300平方メートルにわたって燃えたという。この火事のけが人はいないという。この影響で、山陽自動車道は上下線とも2車線のうち1車線で通行を規制していたが、19日午後6時前までに規制は解除された。警察と消防が火事の詳しい原因を調べている。(NHK広島)




広島IC近く 中央分離帯 枯草出火

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告