「床板が腐ってますよ!」広島の業者が出雲と松江でリフォーム詐欺

7月17日、下松署は広島市中区江波二本松1丁目、自営業渡辺慧士(29)、広島市安佐南区山本新町3丁目、作業員藤井祐輔容疑者(30)を詐欺と特定商取引法違反(不実の告知)の違いで逮捕した。逮捕容疑は16年10月13日ごろ、出雲市の90代男性方を訪問し、「床板が腐っているので補強が必要」などとうそを言い、工事費として140万円を詐取した疑い。

さらに12月6日ごろ、松江市の80代男性にも同様のうそを言い、工事費77万円をだまし取った疑い。同署によると、渡辺容疑者は中区江波二本松1丁目で「大和ホーム」を経営し、藤井容疑者は従業員。渡辺容疑者は「必要のない工事と思っていない」、藤井容疑者は「うその話はしていない」と否認しているが、住民から相談を受けた下松市役所が同署に通報した。(中国)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告