ジャガイモの”ソラニン”で安芸高田市の小学生が食中毒

7月14日、安芸高田市の小学校で、児童9人が相次いで吐き気や腹痛などの症状を訴え、広島県西部保健所は、校内で収穫したジャガイモを食べたことが原因による食中毒ではないかとみて詳しく調べている。安芸高田市教育委員会などによると、14日午前9時すぎ、市内にある来原小学校で、6年生の児童9人と担任の教諭など、あわせて17人が理科の授業の一環として校内の畑で収穫したジャガイモをゆでて食べた。その後まもなく、このうちの児童9人がおう吐や腹痛などの症状を訴え、病院で診察を受けたが、いずれも症状は軽く、全員が自宅に帰ったという。

市によると、ジャガイモの芽や皮の部分には「ソラニン」という有毒な成分が含まれ、食べると体調不良を起こすことがあり、学校からはそれぞれが1つ目は皮をむいて食べたものの、2つ目以降は皮をむかずに食べた児童もいたという報告があったという。

このため広島県西部保健所では、共通して食べたものがジャガイモだけであることなどから、ジャガイモが原因による食中毒ではないかとみて詳しく調べている。

来原小学校の高坂広昭校長によりますと、児童がゆでたじゃがいもを食べる前に、担任の教諭がジャガイモの芽や皮の部分には「ソラニン」という有毒な成分が含まれていることを説明しなかったという。そのうえで高坂校長は「学校としてきちんと危機管理をできておらず、深く反省している。子供たちにとって安心できる学校であるために、あらゆる危険性を把握して管理できるよう今後は研修なども考えていきたい」と話した。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告