尾道の国道で乗用車が電柱に激突 山陽線に影響

7月10日午後、尾道市の国道で乗用車が電柱に衝突し、この電柱がJR山陽線の電線に倒れかかった。この影響で、山陽線は一部区間で2時間近くにわたって運転を見合わせた。10日午後3時ごろ、尾道市山波町の国道2号線で、乗用車が電柱に衝突する事故があった。

この事故によるけが人はいなかったが、電柱は根元から折れて、道路沿いを走るJR山陽線の電線に倒れかかった。場所はJR尾道駅と東尾道駅の間にあり、JRでは電柱の撤去のため、福山駅と三原市の糸崎駅の間の上下線で運転を見合わせて作業を行った。

撤去作業はすでに終わり、山陽線は午後5時前までに上下線とも運転を再開している。現場はJR尾道駅からおよそ3キロあまり東にある片側1車線の国道2号線沿いで、警察は事故の詳しい状況を調べることにしている。(NHK広島)




尾道電柱1

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告