通りすがりの男性を刺した22歳飲食店従業員

7月8月、広島東署は、路上で通りすがりの男性(42)を包丁で刺し重傷を負わせたとして、殺人未遂の疑いで、広島市中区富士見町、飲食店従業員、武永秋紀容疑者(22)を逮捕した。逮捕容疑は8日午前5時40分ごろ、自宅近くの路上で、飲食店従業員の男性の腹部を刺した疑い。「殺すつもりはなかった」と否認している。広島東署によると、武永容疑者は男性と面識がなく、酒に酔って知人ともめていたという。知人が取り押さえており、同署は経緯を詳しく調べる。(産経)



中区富士見町 殺人未遂
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告