共政会守屋会長が名古屋刑務所を出所

恐喝の罪で服役していた指定暴力団・共政会の守屋輯会長が懲役7年の刑期を終え、7月5日朝、愛知県の名古屋刑務所を出所した。出所したのは、指定暴力団・共政会会長の守屋輯元受刑者。守屋会長は1999年から2002年にかけて、ビル解体工事を請け負った会社の元社長など3人から、あわせて3800万円を脅し取ったとして、恐喝の罪に問われ、懲役7年の実刑が確定。これまで名古屋刑務所で服役していたが、5日朝出所した。県警は、守屋会長の出所を機に、共政会が資金集めを活発化させる恐れがあるとみて、取り締まりを徹底するなどして警戒を強めている。(TSS)




共政会 守屋会長 出所

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告