16年度の広島県議の政活費は2億4037万円

7月3日、広島県議会(定数64)は2016年度の政務活動費の収支報告書や支出の領収書を公開した。6会派への支給総額2億6880万円のうち、視察旅行や事務所費などに計2億4037万円を使った。支給総額に占める支出額を示す執行率は89.4%。2842万円が県へ返還された。政務活動費は県が各会派に1人当たり月35万円を支給。各会派は年度内に使わなかった分を返還する。

執行率の最高は、民主県政会(15人)の95.6%で6023万円を支出した。最も低かったのは公明党議員団(6人)の64.4%で、支出は1621万円だった。他会派は、自民議連(30人)が執行率90.6%で1億1410万円、自民党議員会(7人、うち2人は17年度に退会)が同94.9%で2789万円、自民党広志会・つばさ(5人)が同89.8%で1885万円、共産党(1人)が同72.9%で306万円。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告