広島で暴力団に関する相談が過去最多

暴力追放広島県民会議によると、昨年、暴力団との各種契約に関する相談が過去最多の162件あったという。組員が知人を使って不動産賃貸契約を結んだなどとする相談が目立つという。金融機関が口座開設を希望する人が暴力団関係者かどうかを照会する件数も増えている。広島市内のマンションを所有する60代夫婦は、業者の仲介で一人の男性と一室の賃貸契約を締結したが、契約後は部屋に多数の男性が出入りし、マンション前の路上には高級車がずらりと並ぶ。さらに部屋の前に監視カメラが付くなど、組事務所として使われ始めた。相談を受けた同会議が調べると、契約者の男性は「暴力団組長の妻の父親」と判明。暴力団追放を呼び掛けるステッカーを張り、部屋に出入りする人間をチェックする監視カメラを設置したところ退居したという。また162件のうち半数以上を占めたのは、金融機関からの口座開設希望者の照会。金融機関は2007年以降、政府指針に沿って、融資などの契約に「暴力団排除条項」を設けている。昨年は預金口座の開設についても排除条項を追加した。照会により、1年間で組員25人、周辺者15人の契約を取りやめた。(中国新聞)


広島県 暴力団絡む相談




何年前か忘れたが、広島市内の東平塚町に組事務所らしきものが入った。そのビルの全面道路には頻繁に準高級車が数台止まるようになっていた。隣がまだ民間の会社事務所だったが、1、2ヶ月もすると、民間事務所が出て行った。ビルオーナーは知っていて組事務所に貸したかどうかは不明だが、あとあと苦労する。

こんなこともあった。仕事柄いろんな人と接するのだが、ある取引に関して突き進んで行ったとき、人を紹介され、その人物と直接話をしてくれという。そして、その人の携帯番号を教えてもらった。さっそく本人と連絡をとり(温厚な口調だった)、改めて面談することにした。会社へ戻って面談相手の名前など詳細に日報にまとめた。後日、意外にも代表から注意があったのだ。「その人間と会うな!」と。なぜそこまできっぱりと言われたのか、その時は分からなかったが、気になる性格だから事あるごとにその人物のことをいろいろ聞いて回った。そして1ヶ月位経って複数の人から同じ答えが返ってきた。広島市内では有名なその筋の人間であった。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL