ゴーストライター佐村河内氏の「FAKE」がテレビ初放送

聴覚障害があるとかないとか、さらに広島市民賞まで獲得(FAKEだったため取り消し済み)した、自称音楽家であり、「現代のベートーベン」と称賛されたゴーストライターの佐村河内守氏(53)。広島では、もう佐村河内氏のことを話す人などいないだろう。もし囁かれるとしたら、夜の酒場でのネタぐらいだろうか。

そんな彼のその後を描いたドキュメンタリー映画「FAKE〈ディレクターズ・カット版〉」が7月2日午後9時から、BS日本映画専門チャンネル「日曜邦画劇場」でテレビ初放送されるという。何だかんだと言っても、テレビ放送までこぎつけたのだ。

余談だが、以前、佐村河内氏の父親を、あの団地でチラッと見かけた。大柄な人だったが、モロにマスクとサングラス姿だったから、余計に目立ってすぐに分かった。今、親子は何を考えているのだろうか。


広島市民賞取り消し決定

2014年2月6日、広島市は、同市出身の佐村河内守さんに2008年に授与した広島市民賞の取り消しを決めた。佐村河内さん側に通知文を送り、表彰状の返還を求める。市によると、佐村河内さん側の代理人の弁護士から6日午後、ゴーストライターが作曲していたことを謝罪する電話があり、同賞を返上する意向が伝えられた。同賞は市民に夢や希望を与えた人に贈られるが、02年の同賞設置後、取り消した例はないという。(共同)


【広島市】佐村河内守氏に対する「広島市民賞」の取消しについて

次のとおり、佐村河内守氏に対する広島市民賞を取り消しましたので、お知らせします。
1 表彰名 広島市民賞
2 被表彰者名 佐村河内守(表彰年月日:平成20年11月28日)
3 表彰の取消年月日 平成26年2月7日
4 表彰の取消理由 広島市民賞の授与に当たり評価を受けた『交響曲第一番』を始め、佐村河内守氏が自らの作品と称していた曲は、長年にわたり他人に作曲させていたものであったことが判明した。同氏には、広島市民賞を受賞するにふさわしいと認められる事実が存在しなかったことに加え、こうした不正な行為は、広島市民を始め多くの人々を裏切り、失望させるものであり、広島市民賞の被表彰者としての面目を汚すものである。
5 その他 佐村河内守氏の代理人弁護士を通じて同氏に対して、広島市民賞の表彰を取り消したことを通知した。





これがすごい!

佐村河内守 広島市民賞

幻の広島市民賞

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告