土砂災害警報 広島市民26万人に避難勧告?できわけないだろ?

広島市は土砂災害の危険性が高まっているとして6月30日午前5時現在で、市内の8つの区の合わせて11万3228世帯、26万3076人を対象に避難勧告を出し、避難を呼びかけていという。

避難勧告の対象は、いずれも一部の地域だという。中区で366世帯、738人、東区で15093世帯、34276人、南区で3100世帯、7276人、西区で32022世帯、74623人、安佐南区で14484世帯、35009人安佐北区で32952世帯、75529人、安芸区で8139世帯、17487人、佐伯区で7072世帯、18138人となっている。

また、東広島市では市内の一部の地域の6万7939世帯15万2894人を対象に避難勧告が出ている。

このほか、竹原市、尾道市、三原市でもそれぞれ一部の地域に避難勧告が出ている。(NHK広島)
           
          
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告