庚午南の市道でひき逃げ

6月28日日未明、広島市西区で自転車の男性が車に追突され、重傷を負うひき逃げ事件があった。事故があったのは、西区庚午南の市道。警察によると、午前1時20分頃、帰宅中の39歳の男性が自転車で路肩を走っていたところ車に追突され、あばら骨や背骨、腰の骨を折る重傷を負った。命に別状はないという。車はそのまま走り去った。警察は現場に残された部品から、逃げた車は白い軽乗用車とみて、行方を捜査している。(RCC)


建設作業員を逮捕

西区で男性が重傷を負ったひき逃げ事件で、警察は建築作業員の男を逮捕した。 西区の建築作業員倉本弦士郎容疑者(25)は28日午前1時20分ごろ、西区庚午南の市道で自転車で帰宅中の男性(39)をはねてそのまま逃走した疑い。男性は背骨や肋骨など複数の骨を折る重傷を負った。警察は現場に落ちていた白いプラスチック片などから、はねた車を特定し倉本容疑者を逮捕した。車は社用車で事故後、会社には「電柱に当てた」と報告していたという。警察の調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているという。警察は倉本容疑者の事件前後の足取りなど詳しく調べる方針。(HOME)




西区庚午南 ひき逃げ

西区庚午南 ひき逃げ事件
関連記事

Comment

No title
編集
自転車通行可の広い歩道があるのに・・・(´・ω・`)
安全意識のない人は自転車すら運転してほしくないものですな
2017年06月29日(Thu) 06:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告