アクセルとブレーキの違いが分からない男の車がコープ船越に突っ込む

6月17日午前9時55分ごろ、広島市安芸区船越南3丁目のスーパー「コープ船越」に、買い物で買い物で訪れた同区の無職男性(72)の乗用車がバックで突っ込んだ。店内には客や従業員約50人がいたが、けが人はいなかった。海田署は、男性が店の駐車場に車をバックで止めようとした際、誤って突っ込んだとみている。男性は「ブレーキのつもりでアクセルをギュッと踏んでしまった」と話した。同店によると、車はガラスを突き破り、自動販売機1台とレジ1台を壊して約8メートル進み、商品の陳列台に衝突して止まった。女性店員は「すごいスピードだった。いつもは人が多い場所なので怖い」と話した。(中国)



コープ船越に突っ込んだ車 - コピー

関連記事

Comment

No title
編集
高齢者の免許はく奪はむつかしいのかもしれないが、ある年齢以上の運転者については自動車に係る税金や強制保険等の費用を爆上げするとか、免許更新時の身体要件を大幅に引き上げるとか、段階的に抑制していってほしい。
自主返納を促すだけでは意味がないに等しい。
2017年06月18日(Sun) 18:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告