広島で働いていた泥棒解体工を神奈川で逮捕

6月15日、広島東署は神奈川県横須賀市衣笠町、解体工岡寺大二郎容疑者(22)を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。調べでは、4月2日から3日までの間、勤務していた広島市東区内の会社事務所に侵入し、現金210万円と預金通帳4通、印鑑3本が入った手提げ金庫1個(2万5100円相当)を盗んだ疑い。同署によると、岡寺容疑者の行方が分からなくなったため、指名手配。15日、神奈川県内にいるのを同県警の捜査員が見つけた。(中国)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告