塩村都議の少子化対策は「子育てやれ!」

AbemaTVで、塩村文夏都議が、少子化を食い止めるにはどのような対策が必要なのか、語ったという。

東京都議会議員で少子化対策に取り組む塩村あやか議員は、教育にお金がかかることが一番の問題だという。一般の働く女性からは「子どもの教育にお金がかかるため、次の子どもはなかなか考えられない」といった声や、2人の子どもを産んだ女性からは「幸せだけれどもお金がかかるという現実が重くのしかかる」という意見が聞かれたという。

例えば、大学まである程度教育が無償化になれば、もう一人産むという選択肢はあるという意見を踏まえ、塩村議員は「(教育無償化のためには)いろいろなところをしっかり見直したうえで増税という話にはなってくると思います。」と話した。

そして、2人目3人目の子どもが欲しいとなった時には夫の協力も欠かせない。夫が率先して子育てを手伝った家庭ほど第2子が誕生していることはデータにも出ているという。

塩村議員は「口ばかりではなくて、やることです。やったうえで『もっとちゃんとサポートするから、もう一人』と言われれば、欲しいと思う女性はたくさんいると思います」と少子化対策への意見を語った。




しおむら
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告