北が先に日本を焦土化!広島県内で初の弾道ミサイル避難訓練

6月11日、北朝鮮の弾道ミサイルを想定した避難訓練が、広島県内で初めて福山市で行われた。訓練が行われたのは福山市の新涯小学校。グラウンドゴルフをしていた地元の住民、およそ150人が参加した。 訓練は「ミサイルが中国地方の方向に発射された」という想定。サイレンが流れると住民は体育館に避難し、窓から離れた場所に待機した。ミサイルが落下するおそれがある場合、政府は、できる限り頑丈な建物などへの避難を呼びかけている。 弾道ミサイルを想定した避難訓練は広島県内では初めてで、これまでに全国で5つの自治体が実施している。(RCC)




北朝鮮弾道ミサイル避難訓練


北朝鮮ミサイル避難訓練 福山市



北朝鮮が威嚇「米国より先に日本が焦土化も」

6月8日、北朝鮮は核ミサイル開発をめぐって、アメリカと連携して圧力を強める日本政府の対応を批判し、「アメリカよりも先に日本が焦土化されかねない」と威嚇した。北朝鮮の国営メディアは8日、朝鮮労働党の関係団体の報道官声明を伝えた。このなかで、日本が、先月のG7サミットなどの国際会議の場で北朝鮮への圧力を強化するために奔走したなどと非難し、安倍首相や菅官房長官、さらに稲田防衛相を呼び捨てで名指しして「安倍一味が我々の自衛的国防力強化措置に言いがかりをつけている」と反発した。「今のように日本が我々の拳の近くで不届きにふるまうなら、有事の際、米国より先に日本列島が丸ごと焦土化されかねないと知るべきだ」。声明では、「アメリカよりも先に日本が焦土化されかねない」として、アメリカとの連携を強める日本をけん制した。(NNN)



北朝鮮 キムジョンウン
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告