福山で住宅火災2人死亡

6月6日夜、福山市で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から2人の遺体が見つかった。6日午後10時40分頃、福山市春日町の藤井修さん(58)の住宅の1階から火が出ていると、近所に住む人から消防に通報があった。消防車5台が出て火はおよそ3時間後に消し止められたが、木造3階建ての住宅1棟およそ190平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。

この家には藤井さん夫婦と三男の3人が暮らしていて、火事のあと57歳の妻と28歳の三男の2人と連絡がとれなくなっているということで、警察は、亡くなったのはこの2人とみて身元の確認を進めている。出火当時、藤井さんは1階にいて無事だったが、連絡がとれなくなっている妻と三男はいずれも2階の部屋にいたという。現場は山陽自動車道の福山東インターチェンジからおよそ2キロ離れた住宅地。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告