巨人42年ぶりの11連敗は二岡モナの怨念か

今季の巨人は、テコ入れのため広島県三次市出身の二岡智宏2軍打撃コーチを1軍に昇格させ、配置転換をさせた。すでに山本モナ(旧姓)との怨念は消え去り、快進撃を見せるはずだったが、しかし、目立ち始める二岡コーチに、モナの怨霊が取りつかれて離れようとしないでいるようだ。

プロ野球・巨人は6月6日夜の西武との交流戦で5対8で敗れて11連敗を喫し、ついに42年ぶりに球団の連敗記録に並んだ。巨人が11連敗を記録したのは長嶋茂雄氏が1回目の監督を務め、シーズン最下位になった昭和50年9月以来、42年ぶりとなる。

山本モナ食欲旺盛、細野豪志議員と、二岡智宏選手と(2006年、2008年)





二岡 モナ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告