福山で大型トラック同士が衝突、熊本市のドライバーが死亡

6月6日未明、福山市の山陽自動車道・下り線で、大型トラック同士が衝突し、追突したトラックの男性運転手が死亡した。6日午前1時15分ごろ、福山市神村町の山陽自動車道・下り線で、大型トレーラーと接触事故を起こして追い越し車線に停車していた大型トラックに、後ろから来た別の大型トラックが追突した。この事故で、追突した大型トラックを運転していた熊本市のトラック運転手・平島雄一さんが病院に運ばれたが、全身を強く打ち死亡した。追突されたトラックの運転手は車の外に出ていたため、ケガはなかった。現場はゆるやかな左カーブで、当時は接触事故の影響で時速50キロ以下の速度規制がかかっていた。警察は、平島さんのトラックがスピードの出た状態で追突したものとみて、詳しい事故の原因を調べている。(TSS)




福山市 トラック同士追突事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告