5歳女児を抱えて2階から投げ落とした三原の中学生を逮捕

女児を投げ落とし、けがを負わせたとして、広島県警は6月6日未明、男子中学生(14)を殺人未遂の疑いで逮捕した。女児はあごの骨を折るなどけがを負った。女児に意識はあり、命に別条はないという。男子生徒は「合っている」と話しているという。署が動機や経緯を調べている。

三原署によると、男子生徒は5日午後6時15分ごろ、広島県三原市円一町2丁目のスポーツセンター「三原リージョンプラザ」内で、女児(5)を建物の2階から投げ落とし殺害しようとした疑い。

男子生徒は、女児を抱えて建物内の階段で1階から2階に上がり、1階の床に投げ落としたとみられる。消防からの通報を受けて駆けつけた警察官が、現場にいた生徒を発見したという。男子生徒と女児は施設の利用者とみられるが、署は、2人は面識はないとみているという。(朝日)


意識を失っていた女児

三原リージョンプラザの伊達護館長によると、5日午後6時15分すぎ、「子どもが階段から落ちて大変だ」と利用者が事務所へ駆け込んできた。1階の事務所にいた施設の職員にも「ドン」という音が聞こえた。

女児は直前まで友だちと一緒に1階のロビー付近で遊んでいたという。三原署の調べでは、男子生徒は女児を抱えて1階から階段を上がり、女児を階段の踊り場付近から落としたとみられる。伊達館長によると、女児は階段の踊り場付近から落とされた後、1階のげた箱にぶつかり、床に落ちたとみられる。職員が抱え上げた際には、意識を失っており、口から血がこぼれた。駆けつけた救急隊員が心肺蘇生をして、意識を取り戻したという。(朝日)


女の子が抱きついてきたら投げ飛ばす三原市民

6月5日、三原市のスポーツセンターで、5歳の女の子が2階の踊り場から投げ落とされ、けがをした事件で殺人未遂の疑いで逮捕された中学3年の男子生徒は「女の子に抱きつかれて腹が立った」などと供述しているという。

5日午後6時すぎ、三原市の中心部にあるスポーツセンターで、5歳の女の子を高さおよそ6メートルの2階の踊り場から1階に投げ落としたとして14歳の中学3年の男子生徒が殺人未遂の疑いで逮捕された。

女の子はあごの骨を折るなどのけがをして病院で手当てを受けているが、命に別状はないという。警察によると男子生徒は女の子と面識はなく、調べに対し、「女の子に抱きつかれて腹が立った」などと供述しているという。三原市教育委員会によると男子生徒は特別支援学級に通っているという。(NHK広島)




三原市体育館殺人未遂事件
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告