高校野球史上最多107発男はJR西条駅のみどりの窓口にいた

高校通算107発男はJR西条駅の「みどりの窓口」にいたという。神港学園(兵庫)時代に高校史上最多とされる通算107本塁打を放った山本大貴さん(22)が、高校NO.1スラッガーの早実・清宮幸太郎選手(3年)にエールを送った。

高校卒業後は社会人野球のJR西日本で4年間プレーしたが、昨季限りで現役を引退。現在は社業に専念し、JR西条駅(広島)の駅員として奮闘中だ。自らの青春だった「107発」の思い出を振り返った。

みどりの窓口ではテキパキと発券業務に取り組む。改札口では車いすの乗客を親身にアテンドする。笑顔がよく似合う鉄道員。西条駅の利用者は、誰も気づかない。この男が、高校通算107発のレジェンド球児であることを―。

「清宮君には、超えてほしい。これから日本球界を背負っていくような選手になる。抜いてもらって、活躍してもらった方が、僕もうれしいです。はよ、抜いてくれよと(笑い)。108本目は甲子園で打ってほしい。みんな見られるから」

淡路島出身。小2から野球を始めた。中学では軟式でプレーし、注目を集めた。数校から誘いがきたが、甲子園通算8度の出場を誇る神港学園への進学を決めた。

「中学の時に左足を手術したのですが、病院が明石で。その時、明石球場で夏の兵庫大会をやっていて、神港の試合を見ていたら『雰囲気が楽しそうやな』と思ったんです。誘ってもらっているし、行かせてもらおうと思いました」・・・(スポーツ報知)


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告