広島県警の職員が万引きで懲戒処分を受けていた

今年1月、広島県警の職員が広島市内のショッピングセンターで、食料品を繰り返し万引きしていたとして減給の懲戒処分を受けていたことが分かった。懲戒処分を受けていたのは広島県警の係長級の職員。警察によると、17年1月17日と1月24日に広島市中区のショッピングセンターで食料品を万引きしていたという。警察は今年3月、地方公務員法に基づいてこの職員を減給100分の10、6カ月の懲戒処分にしていた。警察は公表の基準を満たしていないため発表しなかったとしている。(NHK広島)
関連記事

Comment

No title
編集
身内に甘い
警察職員が窃盗で免職にならず 発表もないとは
もちろん検察送りだろうな
8000万紛失解決まだ?
2017年06月04日(Sun) 23:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告