中国電力 無許可で電線架設7万5000カ所

中国電力が自治体の許可を得ないまま、道路上の電柱に電線を架けているケースが多数あるという。その数は中国地方を中心に100以上の自治体で最大7万5000カ所に上るとみられるということで、中国電力では今後、自治体に申請を行い、必要な金額を支払うことにしているという。

電力会社などが道路の上に電線を張る場合には、あらかじめ管理する自治体に申請を行って許可を得ることが法律で定められているが、中国電力によると、中国地方の5県と兵庫県、愛媛県、それに香川県で自治体に申請を行わず、無許可で電線を張っているケースが多数見つかったという。

その数は100以上の自治体で最大で7万5000カ所に上るとみられ、いずれも通信事業者などが建てた電柱に中国電力が設備を設置して電線を張っていたケースだという。これは去年4月、島根県からの指摘で発覚したということで、中国電力では会社としての認識不足が原因だとして、今後、対象となる自治体に申請を行うとしている。

また、これらの自治体から許可を受けた場合、「占用料」として年間およそ3800万円を支払う必要があるということで、中国電力ではこれまで無許可だった分の支払いについても協議することにしている。中国電力管財部門の森川繁部長は「関係する自治体などにご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と陳謝した。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告