「宏池会」60周年記念植樹の柱2本がもう抜かれる

5月28日に、広島市の中央公園内にある池田勇人元首相の銅像前で、「宏池会」設立60周年の記念行事を行ったときに建てた記念植樹の柱がもう抜かれていた。せっかく銅像の両サイドにかっこよく建てたのに、何だかもったいない。たぶん、行事が終わったら数日で撤去することになっているのだろうか。問題なのは、この柱がないと、何の木なのか一般の人は分からない。誤って枝を折ったり根こそぎ抜いたりする人も出てくるかも知れない。柱はあったほうがいいと思うが。



宏池会60周年記念植樹柱



宏池会記念植樹の柱

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告