広島県教委がいかがわしくわいせつな行為をした元教頭と教諭を懲戒免職処分

広島県内の高校の元教頭と教諭がそれぞれ18歳未満の女子生徒にいかがわしい行為をしたとして、県教育委員会は2人を5月29日付けで懲戒免職にした。懲戒免職処分を受けたのは、広島市にある広島井口高校に勤めていた小桝雅典元教頭(52)と、福山市にある大門高校の宮地仁教諭(48)。

県教委によると、小桝元教頭は16年2月、呉市内で16歳の女子高校生にわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反の罪に問われて逮捕・起訴され、懲役2年、執行猶予3年の判決を受けて控訴している。裁判で小桝元教頭は、わいせつ行為については否認していたが、県教委の聞き取りに対し、生徒の裸を撮影したことは認めたという。

また、宮地教諭は17年2月、車の中で当時15歳の女子中学生に対し、18歳未満であると知りながらわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで逮捕され不起訴処分になったが、県教委の聞き取りに対し、16年4月から繰り返しわいせつ行為をしていたことを認めたという。

県教委は「信用を著しく損なった」として2人を5月29日付けで懲戒免職処分とした。県教委の福嶋一彦教職員課長は会見を開き「立て続けに起きたことに根深さを感じている。風通しのいい教育現場づくりができるよう検討を進めたい」と話していた。(NHK広島)


【小桝教頭先生の悪事】
県立広島井口高校の教頭が女子高生にわいせつ行為で逮捕

【宮地先生の悪事】
大門高校の教諭が車の中で15歳女子中学生とわいせつ行為(淫行)の最中に警察官に見つかり逮捕される

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告