広島県内で過激派「中核派」の関係先が見つかり、指名手配中の大坂容疑者を逮捕

大阪府警が先週、広島県内で過激派「中核派」の関係先を捜索して男2人を公務執行妨害などの疑いで逮捕した。警察はこのうちの1人が、顔や体の特徴などから昭和46年に東京・渋谷で、警察官を殺害したとして指名手配されている男と見て、確認を進めている。

捜査関係者によると、大阪府警は5月18日に過激派「中核派」の広島県内の関係先を捜索し、部屋にいた男2人を公務執行妨害などの疑いで逮捕した。

警察は、このうちの1人が顔や体の特徴などから、昭和46年11月、暴徒化した仲間らと東京・渋谷区の派出所などを襲い新潟県警から応援に来ていた当時21歳の警察官を鉄パイプで殴ったり、火炎瓶を投げつけたりして殺害したなどとして、警視庁に殺人などの疑いで指名手配されている大坂正明容疑者(67)と見ているという。

警視庁は、大坂容疑者が組織的な支援を受けながら逃亡を続けていると見て全国に指名手配するとともに、最高で300万円の懸賞金をかけるなどして行方を捜査していた。捜査関係者によると、男は黙秘しているということで、警察はDNA鑑定を行って最終的な身元の確認を進め、身元が確認できれば、警視庁は殺人などの疑いで逮捕する方針。 (NHK)


渋谷暴動事件~1971年11月14日、米軍駐留を認めた沖縄返還協定の調印に反対する学生らのデモ隊が暴徒化し、東京・渋谷で機動隊や派出所を火炎瓶や鉄パイプで襲撃した。警備に派遣されていた新潟県警の巡査(当時21)が大やけどを負い死亡、同県警の警察官3人も重傷を負った。警視庁は中核派幹部らの犯行と断定。当時、千葉工業大の学生だった大坂正明容疑者(67)は逃走し、72年に指名手配された。


澁谷暴動・大坂容疑者



広島市安佐南区のマンションに潜伏

5月23日、警察官が殉職した昭和46年の渋谷暴動事件で、殺人容疑などで指名手配されている過激派「中核派」の大坂正明容疑者(67)とみられる男が大阪府警に逮捕された事件で、男は中核派の非公然アジトとみられる広島市内のマンションに潜伏していたとみられることが捜査関係者により分かった。府警や指名手配している警視庁公安部は、男が中核派の組織的な支援を受けて潜伏していたとみて、詳しい足取りを調べている。

府警警備部によると、中核派関係者が1月下旬、兵庫県相生市のビジネスホテルに偽名を使って宿泊した疑いが強まったとして、5月18日に広島市安佐南区のマンションの一室を捜索。有印私文書偽造・同行使などの疑いで、この部屋にいた非公然活動家、鈴木哲也容疑者(52)を逮捕した。

さらに、室内に一緒にいた男が捜査員に体当たりするなどしたため、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。2人とも黙秘しているが、府警は中核派が部屋を非公然アジトとして組織的に使っていたとみている。府警と警視庁公安部は、逮捕された男が身体的特徴などから大坂容疑者とみているが、DNA型鑑定などで本人かどうか慎重に確認を進めている。本人と確認されれば警視庁に身柄を移送し、渋谷暴動事件について殺人容疑などで本格的に取り調べる方針。(産経)

関連記事

Comment

No title
編集
おぉ~やっと捕まえたか
しかし広島にいたとは・・・
2017年05月23日(Tue) 07:18
No title
編集
広島大学に中核派サークルありますが関係あるのか
2017年05月23日(Tue) 05:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告