8500万円盗難事件で広島県警本部長が謝罪 ブラックと提携?「母ちゃん泣くで・・・」横断幕

広島市の広島中央警察署で、詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8500万円余りが盗まれた事件について、県警察本部の名和振平本部長は5月19日に開かれた県議会の委員会で「県民の皆様の信頼を著しく損ない、深くおわび申し上げます」と謝罪し、容疑者の検挙に全力を挙げる考えを示した。

5月8日、広島市の広島中央警察署で詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれていたことがわかり、警察は内部の犯行の疑いがあるとみて捜査しているが、発覚から10日たっても容疑者の特定には至っていない。

これについて19日開かれた県議会の警察・商工労働委員会で、県警察本部の名和本部長は「県民の皆様の信頼を著しく損ない、深くおわび申し上げます」と謝罪した。

委員会の中で、警察側は金庫が置かれた会計課には外部から侵入された形跡がないことを明らかにした。名和本部長は「全力で捜査にあたっているので一刻も早く検挙し、被害の回復をはかり事案の全容解明にあたりたい」と述べ容疑者の検挙に全力を挙げる考えを示した。(NHK広島)


災難続きの名和本部長

「東大法学部卒でキャリア採用の名和さんは、これまでも赴任先で身内の不祥事が起きています。警務部長を務めていた神奈川県警では集団セクハラ事件が起き、福島県警本部長時代の14年、捜査二課の捜査員計3人がパワハラや捜査費盗難騒ぎで相次いで自殺。16年6月から赴任した広島でも、今回の事件が起きてしまった」(警察庁関係者)【週刊文春】




広島県警名和本部長



マスコミが広島中央警察署を北側から撮らない理由

広島中央警察署・横断幕

広島のブラック企業リストが厚労省HPに掲載される
関連記事

Comment

No title
編集
なるほどwこれは確かに北側からは撮れませんわなw
2017年05月20日(Sat) 07:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告