内海造船で作業員が死亡

5月13日午後、尾道市瀬戸田町の造船所で、湯沸かし器の水漏れを修理していた男性作業員が死亡する事故があった。13日午後3時ごろ、尾道市瀬戸田町にある「内海造船」で、60歳の男性作業員が船の中にある湯沸かし器を修理していたところ、部品が外れ男性の頭を直撃した。男性は病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。「内海造船」では、一昨年も塗装中の男性作業員が転落し、死亡する事故が起きている。(TSS)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告