広島中央警察署会計課は大型連休中はフラワーフェスティバルで部屋を施錠していなかった

広島中央警察署(広島市中区)で、詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8500万円あまりが盗まれた事件で、金庫が置かれた会計課は大型連休中、市内で開催されたイベントの対応で業務が行われ部屋が施錠されていなかったことが分かった。警察は、連休中の警察署内への出入りについて署員から事情を聴くなどして捜査している。

5月8日、広島中央警察署で詐欺事件の証拠品として金庫に保管されていた現金8572万円が盗まれていたことが分かり、警察は内部の犯行の疑いがあるとみて捜査している。警察によると、盗まれた現金は今年2月に詐欺事件の捜査で関係先から押収されたもので、その後、1階にある会計課の金庫に保管されていた。

事件の発覚は大型連休明けで、金庫の鍵を管理していた机の引き出しの鍵が壊された状態だったが、捜査関係者によると、連休前には異常は確認されていなかったという。

会計課の部屋はふだん休日は施錠されるが、連休中の5月3日から5日までは広島市内で「フラワーフェスティバル」が開催され、会場での落とし物などに対応するため業務が行われ、施錠はされていなかったという。警察は連休中の犯行の可能性が高いとみて、警察署内への出入りについて署員から事情を聴くなどして捜査している。(NHK広島)




広島中央警察署会計課
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告