JR山陽本線宮島口近くで電車と接触した女性が死亡

5月2日夜、廿日市市のJR山陽本線で女性が電車と接触し死亡する事故があった。2日午後7時30分ごろ、山陽本線の阿品駅と宮島口駅の間で踏切内にいた女性が上り電車と接触しその場で死亡が確認された。女性の身元はわかっていないという。乗客にケガはなかった。運転士は「踏切内に入ってきた女性に気づきブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。この事故で山陽本線の五日市駅と岩国駅の間で一時運転を見合わせるなど最大2時間ほどの遅れが生じ約9600人に影響が出た。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告