身を守るために包丁を所持していた男を現行犯逮捕

広島中央署は4月29日午後3時10分ごろ、広島市安佐北区真亀4丁目、無職保里典幸容疑者(49)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。調べでは、広島市中区の本通り商店街で正当な理由がないのに包丁2本を所持した疑い。同署によると「生活のためと、身を守るために持っている」と供述しているという。商店街で色紙を無許可で販売していたため、同署員が警告した際、発覚した。(中国)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告