農業法人役員を飲酒運転で現行犯逮捕

福山東署は4月28日午後8時45分ごろ、福山市瀬戸町長和、自称農業法人役員桜井忠之容疑者(72)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べでは、福山市古野上町の市道で、酒を飲んで軽トラックを運転した疑い。同署によると、信号待ちをしていた乗用車に追突、前の乗用車も絡む玉突き事故を起こして発覚した。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告