広島で住みたい街1位は広島駅周辺

不動産大手「リクルート住まいカンパニー」(東京)は、広島市や近郊エリアを対象に住みたい街を駅名エリア別にインターネット調査した「SUUMO住みたい街ランキング2017広島版」の結果を発表した。1位はJR広島駅周辺の広島(広島市南区)。得票で2位以下に大差をつけ、ダントツのトップだったという。

再開発が進んで街のイメージが大きく変化し、快進撃をみせた広島カープの本拠地・マツダスタジアムもあるため、市民の高まる“カープ熱”も背景にあるとみられる。

投票者からは「商業施設が充実」「駅の利便性が良くなる予定がある」「野球観戦にも便利」「今後、広島の中心となっていく」などの意見が寄せられた。

調査期間は2月20~25日で、対象は広島市在住の200~49歳の男女。広島市と府中町、海田町、熊野町、坂町、廿日市市、東広島市、呉市の駅名エリアから住みたい街上位3位を聞いた。400人の有効回答を、1位3点、2位2点、3位1点に換算して集計。1位の広島は325点を獲得した。

2位は横川(広島市西区)、3位は2年前に新駅が開業した新白島(中区)。4位は大型商業施設やJR呉線の乗り入れもある天神川(南区)、5位は大型商業施設「アルパーク」があり、新たに「LECT(レクト)」もオープンした新井口(西区)が続いた。

JRや路面電車など複数の交通手段があり、商業施設も多いエリアが選ばれる傾向にあり、自転車の移動などに便利な平地であることを理由に選ぶ意見もあった。

また五日市(佐伯区)や白島(中区)などは、40代には人気が高いが、20~30代には比較的支持が少ない傾向がみられ、若い世代ほど最近開発された新しい街に興味を示す様子もうかがえた。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告