輪姦疑惑を報じられた中川俊直衆院議員が当面休養

FRIDAY(フライデー)が、性治家中川俊直「輪姦疑惑」と題して報じた。誌面では、中川秀直氏の元後援会会長が実名で俊直氏の性格や女性問題まで語っている。その内容とは・・・


「その日、事務所は異様な雰囲気に包まれていました。東広島市の中川事務所の横には道場のような集会スペースがあるんですが、そこから秀直の怒号が聞こえたので、気になって見に行くと、俊直ら5人が横並びで整列していたんです」

そう語るのは、熊本県在住の会社経営者・津山浩氏(51)。2009年、記憶に新しい「政権交代選挙」の際、中川秀直元官房長官(73)の後援会「明秀会」を立ち上げ、その会長を務めた人物だ。1990年ごろから秀直氏の選挙を手伝うようになった津山氏は、テレビ東京を退社後、2001年から12年にわたり、父の秘書を務めた。俊直氏の印象をこう語る。

「親父の権力を自分の力と勘違いした典型的な『ボンボン二世』です。事務所関係者らとの酒の席ではいつも、立場の弱い人間に『東広島から消えろ』『お前なんかいつでも潰せる』と絡んでいました。それに、秘書なのに移動は運転手付きのクルマ。ロクに仕事もしていないのに、いいご身分でしたよ。

女癖の悪さも、昔から有名でしたね。『黒人以外の女は全部ヤりました』、『僕、ドMなんですよ~』と、笑いながらよく言っていた。選挙カーに同乗して、汗で透けたウグイス嬢のシャツをじーっと見つめていることもあったし、事務所の近くにある俊直の自宅に、しょっちゅう若い女を連れ込んでいた。当時30代後半だったにもかかわらず、近隣住民の目も気にせず、短パン姿の女とよく手をつないで歩いていましたよ。俊直が結婚したのは95年なので、当然、すべて結婚後の話です」


2008年11月ごろ、輪姦疑惑が浮上

「部屋に入ってきた私に気付いた俊直は声を抑えましたが、俊直の反論はハッキリ聞きました。俊直は『5人で挿れれば妊娠しないんですよ!』と、意味不明なことを叫んでいた。ア然としました。

その後、事件の詳細は、当時の秀直の私設秘書から聞きました。『俊直がまたヤッた。今度は女の子をまわしたようだ』と言っていた。現場は、東広島市内にある西条駅近くのパブ。日本人ではなく、韓国か中国の方だったみたいです。

ただ、すぐに事務所関係者らが火消しに動いたようです。1カ月後に再び同じ秘書に聞くと、『女の子は被害届を出したが、なんとかモミ消した』と言っていました」

津山氏によると、当時の中川事務所で『トラブルシューター』として不祥事の処理に当たっていたのは、現東広島市議の乗越耕司氏だったという。

4月22日、津山氏とともに自宅を訪ね、輪姦疑惑について聞くと、乗越氏は「(俊直の女関係の不祥事は)ようけありすぎて、どれかわからん」と話した。また、翌日改めて話を聞きに行くと、「(輪姦については)知らないというほうが正解なのかもしれん。でも、コメントは避けたい。秀直先生、俊直先生をずっと世話してきたのは事実だが、(俊直氏)本人ともまだ話ができていないし、私には私の信念がある」と回答した・・・。(フライデー)


離党の中川議員 輪姦疑惑否定、フェイスブックに「全く事実無根」

4月28日、女性問題を理由に経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員(47)=広島4区=の事務所が、発売された写真週刊誌「FRIDAY」が報じた“秘書時代の輪姦疑惑”を否定した。事務所は中川氏のフェイスブックに「全く事実無根の報道」と掲載。コメントしたと書かれている地元・東広島市の市議が、編集部に抗議文を送ったとしている。(スポニチ)


離党の中川俊直議員 当面休養へ 心因反応で不眠や不安

女性問題を理由に4月18日に経済産業政務官を辞任し、4月21日に自民党を離党した中川俊直衆院議員(47)=広島4区=が当面の間、休養が必要な状態にあるという。 中川氏の事務所が4月28日、フェイスブックを更新。「中川俊直は、病院での診断の結果、心因反応で、不眠、不安、身体症状が認められ、しばらくの間、休養が必要な状況です」と報告した。中川氏は週刊誌で“重婚行為”“ストーカー登録”が報じられる直前に政務官を辞任して以降、公の場に姿を見せていない。(スポニチ)




中川俊直 前川恵

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告