尾道の造船会社で作業員が酸欠意識不明

4月26日午前、尾道市にある造船会社で作業員の外国籍の男性2人が酸欠とみられる症状で病院に運ばれ、このうち1人が意識不明の重体だという。26日午前10時半ごろ、尾道市瀬戸田町の造船会社、光洋工業の瀬戸田工場で、「作業員の男性2人が酸欠になっている」と消防に通報があった。

消防や警察によると2人は尾道市内の病院に運ばれたが、このうち33歳のタイ国籍の男性が意識不明の重体だという。
また、25歳のフィリピン国籍の男性が体調不良を訴えたが、命に別状はないという。現場の工場は瀬戸内海にある生口島の北部の海沿いにあり、会社のホームページによると、この会社は船の建造や修理のほか船のリースを手がけているという。

消防によると当時、岸壁にとめた長さ45メートル、幅15メートルの台船の内部で浸水がないかを確認する作業が行われていて、タイ国籍の男性が意識を失って倒れているのが見つかり、フィリピン国籍の男性は救助に向かった後で体調不良を訴えたという。警察と消防などが当時の状況を調べている。(NHK広島)


技能実習生が死亡

4月26日、尾道市にある造船会社で台船の内部にあるタンクの点検作業を行っていた外国人技能実習生2人が酸欠とみられる症状で病院に運ばれた事故で、意識不明の重体となっていたタイ人の男性が27日朝、死亡した。警察は、換気が適切に行われたのかなど、作業の安全管理に問題がなかったか調べている。

26日午前10時半ごろ、尾道市瀬戸田町の造船会社光洋工業の工場で、岸壁にとめた台船の内部にあるタンクの点検作業を行っていたタイ人の技能実習生、プラウオン・アートンさん(33)が、タンク内で倒れているのが見つかり、救助に向かったフィリピン人の男性も体調不良を訴えて病院に搬送された。

警察によると、アートンさんは意識不明の重体となり、治療を受けていたが、27日朝、低酸素脳症で死亡した。警察や消防のこれまでの調べで、タンク内の酸素濃度は安全な濃度を大幅に下回る6%と、呼吸停止や死亡に至るおそれのある非常に危険な状態だったという。

通常は、換気をした上でタンク内に入ることになっているということで、今回、換気が適切に行われたかどうかは分かっていないという。警察は作業の安全管理に問題がなかったか調べている。(NHK広島)




尾道市 造船所事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告